>

歯周病は自分で予防できるのか

この記事をシェアする

徹底した歯磨きとフロス

歯周病は虫歯菌の蓄積によって起こるものです。
したがって、常に口の中の環境をきれいにしておく必要があります。

歯医者さんによく言われるのは、毎食食べ終わったらまず歯磨きとフロスをすることです。
フロスとは、いわゆる糸楊枝で、歯と歯の間に挟まった汚れをとるためのものです。

これを毎日、毎食後に行うことで歯周病のリスクを減らすことができます。
更に好みによってですが、口をゆすぐ液体タイプの方法でも口内環境を整えることができます。

しかし、この方法には大きな欠点があります。
それは、毎日毎食後、間食をしないという前提で完璧に磨く必要があるのです。
少しでも汚れが残っていると、そこから菌が繁殖してしまってせっかくの歯ブラシも効果がなくなってしまいます。

個人で完璧にするという難易度

以上のように、個人で口内環境を完璧にするというのはほぼ不可能な話です。
そしてそれは、日本人の歯医者受診率の低さと、歯周病の発症割合の高さとの関係がはっきり裏づけをしています。

これほど明らかなデータが出ている以上は、個人でいくら頑張っても歯周病のリスクは避けられないという結論に至るといわざるを得ません。

日本人は、歯が痛くなるまでは歯医者さんにかかる必要が無いと考えていますが、逆に痛くなってからでは遅いケースもあります。

歯周病はある程度までは自己修復できるので、ひたすら口内環境の維持に努めればよいのですが、虫歯菌が歯の根元まで到達し、神経へと移ることもあります。
その場合は神経除去という手術を受けなければならず、かなりの苦痛を強いられることになります。