歯周病の治療に歯科医へ通院すべき理由

知らないと損する歯周病の話

歯周病とはいったい何なのか

歯周病という名前の知名度は高くなっています。 しかし、歯周病の対策として日常生活から心がけていることがありますか。 ここでは、日常生活の何気ないシーンであなたの歯周病を進行させてしまっている要因をご紹介します。 是非ご自身の行動と当てはめてみてください。

歯周病は自分で予防できるのか

今の日本人にアンケートをすると、歯医者さんに行く暇がないと答えた人がとても多いそうです。 つまり、自分でできる歯周病予防の発見が必要とされています。 では、今の段階で自分たちにできる歯周病予防とは、どのような手段があるのでしょうか。 みなさんは何か工夫をしていますか。

歯医者さんに行くのが最短かつ最善の方法

歯周病の予防を自分で行うのは非常に神経を尖らせる必要があります。 よほどの意思が無い限り、どうしてもゆるみが出てしまいます。 そんなときは歯医者さんの歯周病予防を活用しましょう。 日本で歯周病予防に受診する人が少ない理由について実は言いたくない歯医者さんの本音をご紹介しましょう。

歯周病はどうして起こるのか

歯周病についてみなさんはどのくらい存知でしょうか。
中には、歯医者さんに通って説明を受けた方もいらっしゃるかもしれませんね。

歯周病とは、歯茎の病気です。
虫歯菌による炎症によって歯茎がダメージを受け、腫れてしまって歯を支えきれなくなり、最終的に歯が抜けてしまいます。
というのが良くある歯医者さんの説明です。
もちろん正しいのですが、最近の研究で更に恐ろしい事実が判明しました。

歯についている虫歯菌は、歯を溶かして自身の生命を保持します。
同様に、歯に付着しない虫歯菌は自分がたどり着いた先で生命を保持しようとするのです。

つまり、口から胃に入ったり腸に届いたりした虫歯菌はそこで毒素を放出します。
これによって、糖尿病や胃潰瘍などの病気に関連しているというデータが報告されています。
これは一般にはあまり広まっていないことなのですが、歯周病というのは全身の病気のもととなっているのです。

そもそも、歯周病が起こるのは虫歯菌の影響によります。
虫歯菌は歯の表面についています。
そして、グルコースのような栄養源を取り込み、その際に放出される毒素によって歯を溶かします。
歯が溶けると更に奥まで虫歯菌が侵入します。

このようにして繁殖した虫歯菌は、自分たちを守るバリアを形成します。
これが歯石です。
歯石を形成した虫歯菌は、歯ブラシ程度では落とすことはできません。
歯医者さんに行って、専用の機械でしっかりと取ってもらう必要があります。